Author:
• 木曜日, 6月 12th, 2014

自分の身体の中で一番お金を掛けていると思う箇所、それは「目」です。
中学生の頃に視力が悪くなり、長年メガネとコンタクトを併用してきました。
目が悪いというのは不便だしお金がかかるから嫌だ、視力が良い人は羨ましい
と常に思ってきました。

社会人になり、ずっと嫌だったメガネとサヨウナラをするためにコンタクトレンズを利用するようになりました。私は結構な潔癖気質で清潔でなければ嫌だって言う人なのでコンタクトもワンデー。これって結構お金がかかるんですよね((+_+))注文して取りにいく前日に急な出費ができた時なんて、コンタクトレンズを後回しにすることは生活ができなくなるのと同じくらい私にとっては大変なことなのでインターネットキャッシングで借りたっていう経験もありますね・・・
数年前からコンタクトレンズが目に合わなくなり、はめる事ができなくなって
からはメガネオンリーの生活ですが、最近はおしゃれなメガネがたくさん売られていて見るとつい欲しくなってしまうのです。
何本か持っていますが、服装に応じてセルにしてみたりフチなしにしてみたり
さらにはお出かけ用と家用に使い分けたりもしています。
こう書くとメガネを楽しんでいるように受け取られるかもしれませんが、視力が
相当悪いため普通のレンズセットではダメで超薄型レンズというタイプを注文
せざるを得ず、提示金額よりも値上がりしてしまい「やっぱり目が悪いのって損
だわ」と毎回悲観的な気持ちになっているのも事実です。
それに、メガネって基本的におしゃれの邪魔だと思っているので本心を言って
しまうならばメガネをかけるのは好きではないのです。
コンタクトもダメ、メガネも好きではなくなった、じゃぁレーシックでも?と
考えなくもないのですが結局レーシックをするにした所で手術のための費用が
掛かる訳です。
何にせよ目は良いに越したことはないと常々思ってぼやいている私です。
ちなみに夫も「メガネ君」。
夫婦そろって「目」にお金がかかっているのです。

Category: 未分類
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.
Leave a Reply

CAPTCHA